風水財布 選ぶべき色・形・素材

風水で選ぶ開運財布

金運にいい財布・開運の財布・幸運を呼ぶ財布の条件とは?
新しい財布をお探しなら、ぜひ参考にしてみてください。

あなたが選ぶべき財布の色は?

四神~自然界のパワーを集める~

四神風水のパワーを封じ込めるために各方位に祀られる神を四神と呼び、気を封じ込めるだけではなく、青龍は出世運を、白虎は金運を、朱雀は繁栄運を、そして玄武は健康運を司る神獣として祀られてきました。
最適な位置に配置された四神によって、強靭なエネルギーが貯まるとされています。
この四神を取り入れた風水財布は、自然界のエネルギーをあなたのエネルギーに変える力を持っているんだとか。
お金を引き寄せる力がある反面、出ていく力もあるので、注意しましょう。

黄色~お金を集める~

黄色お金を引き込む力があるとされてる黄色の財布。
淡い黄色よりも濃い黄色の方が、お金を集める力が強いといわれています。
ただし、濃い黄色はお金を引き寄せる力がありますが、出ていく力もあるので注意が必要です。

黒~お金を貯め込む~

黒黒の財布は、お金を貯め込む力があります。
また、黒には金運を維持する効果があるので、出費を抑えたい人に向いている財布といえます。
黒と茶色の財布は、金運が安定するといわれています。

金~最も力のある色~

金色財布の色としては、最も力があるとされているのが金色です。
黄色と性質はにていますが、金色にはエネルギーを吸収した後に、しっかりため込む力があるといわれています。
風水では金色は太陽をあらわし、色の中では最大限にパワーがある色。
エネルギーを吸収することもできるし、貯めこむ事も出来る色として人気です。
金色は買い物運が上がるといわれるので、大きな買い物を控えている人におすすめです。

白~悪い運気を浄化~

白白には、悪い気や運気を浄化する力があるとされています。
今まで“お金が本当に貯まらない”というような人におすすめしたい色です。
色々な開運財布を使っても効果がなかったという人は、白の風水財布でよくない金運をリセットしてみませんか?

ピンク~幸運が舞い込む~

ピンクポン、と突然、幸運が舞い込むことがあるのがピンクの財布です。
ピンクは開運効果に即効性があるとされています。
棚からぼた餅な開運がおとずれる、女性に人気の開運色。
人間関係を築くことができ、お金を成長させてくれる色ともいわれています。

茶色~お金がたまる~

茶色茶色は“土”をあらわし、「その場に居付く」=「お金が留まる色」とされています。
いわゆる土を表す色は、お金が居着く・とどまる(=貯まる)ということらしいです。
茶色と黄色の組み合わせの財布は、「お金を呼び込んで貯めておく」効果があるとされているので、貯金をしたい人におすすめです。

赤~絶対ダメな色~

赤赤の財布は金運の敵、絶対に選んではダメです。
赤い財布は衝動買いをしてしまうとされているので、最も選ぶべきでない色といえます。

青~避けた方が無難~

青青・水色・紺など、ブルー系統の財布避けた方がいいでしょう。
青い財布は、出費が抑えられる反面、お金が入ってこないとされています。

デザイン・形における風水

長財布vs折り財布

財布風水的に金運にいい財布は、お札を折らないで収納できるものが良いとされています。
長財布が理想のデザインですが、折り財布でもお札がカーブして折り目がつかないものなら問題はないようです。
また、お札を折るタイプの財布では、お札を財布に入れるとき、適当に折らずに、真ん中でしっかり折ることが大切です。
折る際はまとめて折らずに、1枚1枚きっちりそろえて折りましょう。
要は整理整頓された、お札に居心地の良い財布であることが重要なのです。

カード入れの数

財布の中のカード入れ(ポケット)は、8ヶ所がいちばん縁起がいいとされています。
そのほかには、6ヶ所・12ヶ所の財布がおすすめです。

小銭入れは別にしたほうがいい?

小銭入れ「小銭はお札と別の財布に入れたほうが良い」ということをよく耳にします。
これはお札と小銭が一緒なのがいけないのではなく、小銭入れが使いにくいと小銭が貯まってしまうのでよくないということです。
使いにくい財布は、整理が怠りがちになってしまいます。
汚い財布はお金に嫌われてしまいます。
小銭があふれているような乱雑な財布には、お札は寄りつかないということですね。
小銭入れが使いやすく、きちんと整理されている財布であれば、小銭とお札が一緒の財布でも問題ありません。

財布の素材・デザイン

財布の運気は、素材にも左右されます。
ナイロン製の財布や安っぽく見えるデザインの財布は、金運・開運には程遠いので避けるべきです。
風水的には、牛革素材がいちばんおすすめ。
次に、素材別の運気の違いを紹介していきます。

素材別運気の違い

牛革素材の財布

牛革財布の素材としてとても良いとされています。
牛は豊かさの象徴であり、牛革は蓄財という意味があります。
ですので、牛革素材の財布には“お金を貯める力”があるとされています。

豚革素材の財布

豚革豚革でできた財布は、お金が循環する財布といわれています。
出した分だけ入ってくるという傾向にあるため、事業を興した人や会社経営をしている人に向いている財布です。

蛇革素材の財布

蛇革金運と切り離せないのが、この蛇革です。
蛇には、人気運を上げて財を育てる力が備わっていると考えられています。
また、社会的地位があがる効果もあるんだとか。
ただし、大きなお金が入ってくる一方、お金が出ていく作用も大きいので、注意しましょう。

開運・風水財布は財布屋がおすすめ

金運・運気アップの財布をお探しなら、財布屋がおすすめです。
財布を新調する時は、縁起のいい日を選ぶのも大事だそうです。
財布屋には開運日や、財布を使った人の開運情報なども多く紹介されています。
こちらに財布屋の人気財布をランキングしてあるので、合わせて参考にしてみてくださいね!

財布屋はこちらからどうぞ↓↓


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP