金運が上がる財布の使い方

お金が集まる財布とは

お札お金は寂しがりや、という話を聞いたことはありませんか?
お金は仲間のがいるところに集まるといわれているので、常に財布の中に大金が入っているのがベストです。
そんなの無理!という人は、お札の大きさに切った紙を、お金のかわりに財布に入れておいてもOKです。
できるだけ多くのお友達を作ってあげましょう。
ただし、間違えてお店で使わないようにしてくださいね!

キレイな財布は金運を呼ぶ

お財布は常に整理整頓を心がけましょう。
レシートや領収書・ポイントカードなどはこまめに整理し、不要なものはすぐ捨てること。
小銭も必要以上にある場合は、小銭から先に使ったほうがいいです。
レシートや小銭でパンパンになっている財布では、貧乏フラグがたってるも同然ですよ!

お札の向き

お札は種類ごとに整理して、向きをそろえて財布にしまうことも大事です。
しまうときのお札の向きは、上側が下になるようにしまうと、お金が出ていかないといわれています。
お札の裏・表や上下の向きがバラバラなのはよくありません。
また、お札を折ることは好ましくないとされていますが、もし折る必要がある場合は、お札を1枚1枚、きっちりそろえて折るようにしましょう。

財布の保管場所

財布をカバンに入れたままにするのも良くないです。
家に帰ったら、家の西・北・東北の方角に保管することをおすすめします。
風水では、西は金運を司る方位とされているので、通常は西に保管するのがいいでしょう。
運気を育てる北や、財運を運ぶ東北の方角も吉とされています。

財布の買い替え時

財布の寿命は1000日、だいたい3年で運気が落ちるといわれています。
ただし、財布を大切に使ってキレイな状態であれば、期間にこだわる必要はありません。
逆に3年以内の財布でも、ボロボロになったものは運気が落ちるので、早い買い換えをおすすめします。

まとめ

財布お金は、お札も小銭も合わせて、お財布の中で暮らしています。
居心地のいい財布にはお金はとどまってくれますし、新しいお金もどんどん集まってきます。
お金にとって大事な家である財布。
どんな財布を選んだとしても、どうすればお金が居心地よくなれるのかを考えないと、金運は上がりません。
お金にとって快適な財布を、ぜひ用意してあげてくださいね。

金運財布ランキングはこちらから!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP